66 天智は暗殺された

2024年03月19日 19:03

青にやられた

 大化の改新ではタッグを組んだ大海人と中大兄だったが、次第に対立していく。伽耶系百済の貴族大佐平の沙宅智積だった製鉄豪族藤原鎌足も、白村江の戦いに大敗した中大兄に見切りをつけ、大海人に接近、ついに鹿狩りを口実に天智暗殺に踏み切る。持統の兄、多臣品治が天智を殺害する手筈だったが、臆して手が震え、やむなく大海人が手を下した。その騒乱の最中、鎌足が落馬し脊椎損傷の大怪我をした。鎌足は下半身付随の寝たきり状態から合併症を起こし半年後に死亡した。
 天智は即死せず、「青にやられた」と言い残して絶命、倭皇后がその証言を歌にして、万葉集がそれを収録している。「青といえば大海人」。当時は誰でもそのことを知っていた。
 万葉集1-28 倭皇后作
「青にやられた」遺言なさる上様を見つけ籠を止めお乗せしましたが、すぐ息をお引き取りになりました。誠にお可哀想でした。

 戦前の京都大学考古学チームが、ミイラ化した老人男性の遺体を発見(阿武山古墳)、宮内庁の命令で極秘のうちに埋め戻したが、その際レントゲン写真を撮って記録した。戦後そのフィルムが発見された。その所見を記録した医師は「疾走する馬から落ちたのではないか」と推察、日本書紀の記録と照らし合わせて「山科野の鹿狩り」の時に落馬事故があったのではないかとまで言い当てている。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)